Chapli Chapliのアプリをダウンロードしてチャットで恋の悩みを相談しよう
チャット占い初回10分370円!
Chapli[チャプリ]で恋の悩みを相談する
鑑定記事・占い師検索
Chapliのご紹介
鑑定士募集中 提携占い館 提携占い館
法演先生
こんばんは
Lさん
はじめまして!よろしくお願いします🙇‍♀️
法演先生
よろしくお願いいたします。
法演先生
今日はどんなご相談でしょうか
法演先生
何でもお聞きになってくださいね!
Lさん
ありがとうございます!
Lさん
結婚について悩んでいます。
法演先生
はい^^
Lさん
婚約していた彼と価値観の不一致、彼のお家の不幸が重なり、一旦お別れとなってしまいました。
Lさん
半年ほど過ぎて彼は考えを変え行動し、もう一度やり直せるようにと言ってくれています。
法演先生
はい
Lさん
その変化は嬉しいのですが、過去色々と合わなかったことや、むこうのお家の考えがちょっと理解に苦しむところもあり、このまま復縁に進んでいってよいものなのか、決心がつかずにいます。
法演先生
はい^^
法演先生
それは大事なところですね
法演先生
お相手の生年月日を教えていただけますでしょうか
Lさん
1983年5月16日です

婚約まで交わしていた彼氏と破局したLさん。
Lさんいわく、価値観の不一致、相手の家の不幸が重なったことが婚約破棄の原因とのこと。
それから半年後、彼から復縁を持ちかけられました。
しかしLさんは復縁をすべきか迷っています。
理由は、付き合っているときに彼や彼の家と考えが合わないことがあったから。
復縁するべきかどうか、Lさんと彼の四柱推命の命式から、2人の性格、相性を法演先生が読み解いていきます。

彼と復縁したほうがよい?

法演先生
このまま復縁しても、離婚することになると思います
法演先生
確かにお二人は価値観が合わないところがおありで
法演先生
もし迷う要素がおありなら、今のうちに離れていただければ
法演先生
Lさんには、また新たしいお相手が出てきます
法演先生
まず金銭感覚が違います
Lさん
確かに金銭感覚が原因の1つでした
法演先生
はい
Lさん
結婚費用、全て私が用意しているような状況でした。
Lさん
やはり、幸せになるためには距離をとって考えた方がよいですかね…

相談者様の命式

相談者様の命式

彼の命式

彼の命式
法演先生いわく、もし結婚をしたとしても離婚する可能性が高い2人のようです。
理由の1つとして、金銭感覚が違うことを挙げています。
次の命式のポイントで、詳しく解説しています。


法演先生が読み解く命式のポイント①
目についたのは金銭感覚の違い。
Lさんの命式の『月柱』に〈乙丑〉。これはしっかり貯蓄して、使うべきところにどかんと使う星です。なので、どうでも良いところはきちんと倹約できる人。
一方、彼の命式の『日柱』には〈癸巳〉、さらに「比肩」があります。命式にこれらがそろうと見栄を張り、目に見えるところにお金をポンポン使います。目の前で100万円ぽんと使ってくれたとしても、それが有り金全部で、見えないところに貯蓄はないタイプ。
このようにお二人の金銭感覚がまったく違うのが気になりました。これは、彼女の貯蓄を彼が食いつぶすな、と判断しました。


法演先生の鑑定結果を踏まえると、彼との復縁は慎重に考えたほうがよいかもしれません。

彼にとってLさんは理想の女性ですが…

法演先生
まずお二人の考え方の違いが今後、大きなひずみになっていきます。彼はLさんのことは好きですが、好きだから分かってほしい、という部分が出てきて
法演先生
けれど、Lさんにとっては、彼の言ってることは、彼の中だけで正しいことに思えるので、納得できないのではないかと思います。結果的にすれ違いばかりになるため、一緒に暮らしていくのがつらくなるかと思います。彼にとっては、Lさんは理想の女性です。けれど、Lさんのほうが息苦しくなっていくかと思います。
法演先生
彼がいくら変わると言っても、本質的なところは変わりません

確かに2人の価値観が異なりますが、彼にとってLさんは理想の女性だと、法演先生は伝えています。


法演先生が読み解く命式のポイント②
Lさんは命式に〈辰〉がありますので、最初は素直に「そういうものかな?」と受け止めていても、次第に相手の押さえつけてくる感じに我慢ができなくなる未来が推測できます。

【彼にとってLさんは理想の女性】
根拠は彼の命式にある〈巳〉と〈子〉です。
〈子〉は基本的にさっぱりしています。終わった恋にすがるようなことはないのですが、〈巳〉は自分のほうから好きになったときにだけ、すごい執着を見せるのです。〈子〉のさっぱりがあるのに、復縁を迫ってきた、さらにわざわざ「悪いところは直す」とまで言って自分から折れるのは、よほど惚れこんでいる証拠です。
外見も内面も理想的な女性だと思わなければ、この男性は復縁は願いませんし、そこまで自分から折れたりしないんです。
よほど好みのタイプなのだろうなと思います。


なるほど、彼がLさんに復縁を迫っているのは、彼の命式の中にある〈巳〉が大きく関係しているのですね。

Lさんには新しい恋が待っている!

法演先生
今でしたら、Lさんには新しい出会いが出てきます
法演先生
今年、来年と大きなチャンスが出ておりまして
法演先生
経済的なゆとりのある男性です
法演先生
細かなことを言わない知的な男性です
法演先生
そちらの男性のほうが、Lさんを大きく包みこんでくれるのではないかと思います
法演先生
彼とのことは、一度復縁しても良いとは思いますが
法演先生
ご結婚の前には婚約などの前に同棲をして、しっかり価値観を確認なさったほうが良いと思います

Lさんには新たな出会いの運気が、押し寄せているようです。
その理由を、次の命式のポイントで法演先生が語っています。


法演先生が読み解く命式のポイント③
Lさんの年運が去年、今年、来年ととても良いんです。「冠帯、建禄、帝旺」と並びます。この時期に出てくる異性は質が良い。逆にこの時期に縁談がダメになっているなら、Lさんを守るためにご先祖様がこの縁談を潰してくれたと判断するのが適切です。
運気が良い時期にダメになるものは、ダメになったほうが良いものなんです。

また、Lさんの命式でお持ちになっている〈丑〉という星は本来、玉の輿にのりやすい。運気の良い時期、本来出会うべき異性は、経済的にゆとりある異性、それも実力で資産を作ったタイプではなく、親から受け継いだ資産があるような、本物の育ちから良いお金持ちです。遺産が入るようなタイプと結ばれます。Lさんのほうにも、受け継ぐ資産があると思います。

そして、Lさんが持つ〈辰〉という星が本来選ぶのは、知的な男性なんです。知的好奇心を満たしてくれるような、博識な男性が好きで、この良い運気の時期であれば、そういう男性との出会いがあります。


法演先生の鑑定を受けると、新しい出会いも気になってしまいますね。
もちろん、復縁を選択しても問題ないようですが、その場合は同棲生活を挟んだほうが良いとのアドバイスが。

鑑定終了後のメッセージ

法演先生
今後、彼との関係の中では、最終的にあなたのほうが生きが詰まっていきます。
法演先生
彼はいわゆる「回収の早い人」。
法演先生
自分がしてあげたことに関しては、すぐに「ありがとう」がほしいタイプです。
法演先生
いつかこの御礼はしよう、と思っていると、相手は「こないだしてあげたこと、忘れちゃったのかな」と勝手に責めて、勝手にこっちにがっかりしてくる。そういった面倒なところがございます。
法演先生
おっとりマイペースなあなたとは合わないのが、こういう点かと思います。
法演先生
問題点を挙げるときりがありませんが、お二人の間にお子さんができてしまう前に距離を置いていただければ、今なら良い運気が巡ってきているので、あなたのペースを理解してくれる男性が現れます。
法演先生
この良い時期を誰に使うのか、どこに使うのか、ご自身の判断になりますが、良いことに使って頂ければと願っております。ありがとうございました。

彼を選ぶとLさんが今後苦労するかもしれない理由は、彼との性質が合わない以外に、命式の「強さ」があるようです。
次では法演先生は「強さ」に着目して、解説しています。


法演先生が読み解く命式のポイント④

彼の命式「強さ」に、身旺〈7〉という数字があります。これはものすごく強い。人を自分の運気に巻き込んでいく強さです。本人の持つ「運気の勢いが強い」台風の勢いのようなものだとお考えください。
一方、彼女は 身弱の〈-2〉。これじゃ彼に勝てません。
このまま一緒にいると、彼の人生に彼女が巻き込まれていってしまいます。
彼も今年は同じように運気が良い。彼女が強い意志で離れなければ、既成事実、この場合だとお子さんができたりして、離れられない状況が作られてしまいかねません。


なるほど、運気の勢いが彼のほうが何倍も強いので、Lさんが巻き込まれる運命にあるということですね。
――今年、来年はLさんにとって運気が良い時期。できるのなら、気持ちが明るくなるほうを選んだほうがいいかもしれません。

ありがとうの声

Lさん
細かくアドバイスいただき、ありがとうございます🙇‍♀️
そうそう!その通りです!ということばかりでした。彼のことはもう少し時間をかけて考えたいと思いますが、彼の人間性、本質と自分の未来とを見極めていきます。
法演先生
ありがとうございました。

※お名前、生年月日等の個人情報はすべて置き換えて保護しています。

占い師紹介

法演先生

この先の未来がちょっと不安…
まだまだチャンスはやってくる!
幸せをしっかり掴む方法教えます

関連記事
人気記事
記事をもっと見る